札幌で腰痛・しびれ・痛み・ケガでお悩みなら、骨盤矯正・全身矯正・手技治療・超音波治療・整骨院・指圧の北20条整骨院にご相談ください。

〒011-0020 札幌北区北20条西4丁目1-22

診療時間

午前9:00~12:30/午後15:00~20:00 休診日/日曜日・祝日

交通事故にあった方へ

現在、札幌の病院に通院されている方でも治療を受けることができます!!交通事故での治療もお任せください!!

ある日突然、交通事故にあってしまったら…少しの痛みや不安があれば、まずはご相談ください。
自分自身では大丈夫と思っている方も、あとから痛みが出る場合があります。症状が軽いと感じても、早期にきちんとした治療をオススメします。
そのままにしておくと、10年・20年後に後遺症を残すことになりかねません。

はじめに

交通事故にあってしまった場合は、医師の診断書が必要となります。まずは病院で診察し、診断書を出してもらってください。
その診断書を持って、
警察署へ届け出ます。それにより保険治療を受けることができます。整骨院で治療する場合は、保険会社の担当者の方に
「北20条整骨院で治療をします」と伝えてください。
整骨院で十分に治療することができますので、保険に関しての不安な点など、まずはお気軽にご相談ください。

交通事故に遭った場合の流れ

警察に連絡し、交通事故証明書を発行してもらえます。

交通事故は警察への報告は義務であり、交通事故証明書がない場合は、病院及び整骨院にて自賠責保険を用いて治療を行う事ができません。

できるだけ、早く病院へ受診しましょう。

事故の当日はアドレナリン(興奮作用ホルモン)が出ているので症状が良く分からず、
後々に手足の痺れ、頸部痛・腰痛など出てくる可能性があります。
出てきた場合には、事故から2週間以内に初診時の病院で受診し、新たに検査することが大事です。
整骨院では病院の診断した部位のみの治療となります。
診断書に記載のない症状については、自費になります。

自賠責保険を使える時、使えない時

使える時

・対人賠償である
(車対車・車対人など) ・相手が自賠責保険に加入している

使えない時

・相手がいない場合(自損事故、車対電柱などの物損事故時) ・ひき逃げで相手の自賠責保険が不明の場合 過失が100%の加害者の場合

保険のこんな使い方

任意保険の人身傷害を用いて事故時の治療も可

同乗者の場合、自身の加入している任意保険の中にある  人身傷害で治療可。(慰謝料などは無し)
例 駐車中、壁に激突した際に助手席の相手が頚部を痛める。

加入の医療保険(協会けんぽなど)からの第三者行為

基本は相手が支払う治療費を保険組合が一時的に立て替えて、保険組合が後日、加害者に請求する方法。

メリット

健康保険による治療のため、保険会社とのいざこざが少ない

デメリット

書類関係が多いため最初の手続きが大変

主な治療内容

鍼治療に関して

医師の同意が必要です。自己負担であれば可能です。

全身矯正に関して

自己負担での治療となります。

保険外診療について見る

交通事故に伴うよくある質問

交通事故にあった際はどうすれば良いですか?

まず、北20条整骨院にお電話下さい。

TEL / 011-756-3733(受付時間 9:00~12:30 / 15:00~20:00・土日は除く)

メールでも受け付けておりますので、捻挫・打撲・むちうちなど、何でもご相談下さい。専門家がアドバイスいたします。

どのような治療をしますか?

国家資格を持ったスタッフが、全身矯正・鍼灸治療・手技治療・超音波治療など、患者さまの病状に合わせた最適な治療を行います。

治療費はいくらかかりますか?

交通事故による治療は、自賠責保険適用となりますので、患者さまのご負担は一切ございません。

現在通院している医療機関から転院できますか?

特殊な治療をしていない限りは大丈夫ですが、念のため、治療前にお知らせください。

当院には、実際に他の医療機関で症状が改善されない患者さまが多く転院されていますので、まずは北20条整骨院にご連絡下さい。

自賠責保険を使用に伴う手続きは?

手続きは当院が無料で代行いたしますので、面倒な作業はありません。患者さまは治療にだけ専念できます。

仕事を休んだのですが、給料保障はありますか?

例外はございますが、基本的に保険会社から支払われます。

保険会社には何を伝えれば良いですか?

①北20条整骨院で治療を受ける旨

②当院の名前「北20条整骨院」

③当院の電話番号「011-756-3733」

④当院の住所「札幌北区北20条西4丁目1-22」

上記4点を保険会社にお伝え下さい。

整骨院に来院する前の確認事項チェック

Copyright (C) kita nijyujyo Seikotsuin. All Rights Reserved.