• line予約はこちら
  • tel:011-756-3733
楕円形

Blog

ブログ

MENU

Close

胸郭出口症候群

胸郭出口症候群をご存知ですか?


胸郭出口症候群とは上肢の運動や感覚を支配する神経を

頚部から胸部の間で絞扼してしまい、

手指の痺れ、冷感、鈍痛などを引き起こします。

なかなかほっといて治るものでもありません。

 

原因①斜角筋症候群

前斜角筋・中斜角筋・第一肋骨

との間での絞扼で発生します。

要するに頚部の筋緊張による

病態です。

 

原因②肋鎖症候群

第一肋骨と鎖骨の間により

絞扼され発生します。

鎖骨が下制することにより

症状が出やすいです。

要するになで肩の女性に多い

ということです。

 

原因③過外転症候群              

腕を上げる時に小胸筋と

烏口鎖骨靭帯の間のトンネル

を支点に方向を変える際に

絞扼されて発生します。

要するにつり革を握る、窓を拭くなど

の動作で症状が出やすいです。

手が痺れる』という原因はこれだけではありません。

頸部の関節や腋窩・肘・手首など障害を

受ける部位は様々です。

 

お困りの方は当院へ!

 


働く女性を応援!

美容・メンテナンス・頭痛・慢性症状・スポーツ障害

北20条整骨院

場所:札幌市北区北20条西4丁目1-22

地下鉄南北線「北18条駅」徒歩約6分

地下鉄南北線「北24条駅」徒歩約8分

駐車場あります。

土曜、日曜診療中

TEL:011-756-3733

 

一覧を見る→→