• line予約はこちら
  • tel:011-756-3733
楕円形

Blog

ブログ

MENU

Close

便秘の原因と改善

便秘って?

3日以上便が出ない状況を便秘と言います。

女性に多く、肌荒れや、肩こりなど様々な症状が出ることもあります。

 

便秘の種類

 

①弛緩性便秘

 腸管の緊張が緩むことで、ぜん動運動が不十分になり、便がとどまってしまいます。

 水分が過剰に吸収され硬くなります。大腸の運動が低下した状態です。

 便秘の中でも頻度が高いです。

②痙攣性便秘

 副交感神経の過度の興奮により、腸管が緊張してしまい、便が溜まってしまいます。

 コロコロとウサギのような便になります。

 便秘と下痢を交互に繰り返すことも多いです。

③直腸性便秘

 排便反射が上手く起こらず。直腸に便が溜まってしまいます。

 高齢者や、排便を我慢する習慣がある人に多くなります。

④器質性便秘

 イレウス、大腸がん、腸管癒着など器質的なものが原因です。

 血便や、激しい腹痛、嘔吐などがあれば病院へ行きましょう。

 

原因

 

①運動不足

 筋力低下や、血流が悪くなることで、腸の運動が上手く行われなくなります。

②食物繊維の少ない食事

 食物繊維が少ないと、便が硬くなります。

③水分不足

 水分が少ないと、便が硬くなります。

④ストレス

 自律神経が乱れる、腸の動きが悪いくなります。

詳しくはこちら↓

 大事な自律神経について

⑤無理なダイエット

 栄養が偏ったり、油が不足しても便が溜まってしまいます。

改善方法

 原因から見るように、規則正しい食生活や運動をすると良いです。

 

①適度の運動をする

 腸の活動を促します。腸内の温度もあがります。ハードな運動ではなくていいです。

 特に腹筋は便を押す出すときにも使われています。

②乳酸菌、食物繊維の入った食事をとる

 食物繊維は便に吸収され、便を柔らかくしてくれます。

 乳酸菌は腸内環境を整えます。

③水分補給をしっかりとる

 水分も便を柔らかくするのに必要です。

 朝に飲むことで、睡眠中に出てしまった水分を補うことが出来ます。

④体内リズムを一定にする

 食事の時間や、睡眠の時間などを一定にする。

 自律神経を整えることで、腸の働きが改善します。

⑤腹部を刺激する

 腹部をほぐす事で、腸を刺激し排便を促すことが出来ます。

便秘になると、肌荒れや、頭痛、イライラ、肩こりなど様々な症状が起こる事もあります。

しっかり、改善して健康的に過ごしましょう。

 

当院では一人一人に合った施術を提案し、手技、お灸、などを行います。

お悩みの方は当院へお越しください。

 

その他の記事

腸活って知ってますか?

女性に多い冷え症について

むくみの原因と解消法

頭痛の種類

3Dフェイシャルって知ってます?

 


 

働く女性を応援!

美容・メンテナンス・頭痛・慢性症状・スポーツ障害

北20条整骨院

場所:札幌市北区北20条西4丁目1-22

地下鉄南北線「北18条駅」徒歩約6分

地下鉄南北線「北24条駅」徒歩約8分

駐車場あります。

土曜、日曜診療中

TEL:011-756-3733

 

 

一覧を見る→→