• line予約はこちら
  • tel:011-756-3733
楕円形

Blog

ブログ

MENU

Close

仙腸関節性腰痛について

仙腸関節性腰痛って?

 

 仙腸関節とは、骨盤の骨の仙骨と腸骨の間にある関節です。

 周囲の靭帯により連結されています。

 関節と言っても動くのは3~5mm程度です。

 中腰での作業、繰り返しの負荷などで微小な不適合が生じ、痛み発生します。

 特に出産後の女性、転倒などで痛める方が多いです。

 特徴としては、長時間の座位、仰向け、痛い方を下に寝ると痛みがあります。

 急性期の場合は冷やしてください。

 骨盤ベルトなどで、骨盤を締めてあげると症状が緩和します。

 

当院での改善法

 

 炎症がある急性期ではアイシングや電気で炎症を引かせます。

 仙腸関節の可動を良くする手技、お尻周りの筋緊張を取るための手技、鍼、電気も行います。

 症状でお悩みなかたは、是非おこしください!

 

その他の記事

自宅で腰痛ケアをしよう!

色々ある腰痛の種類

便秘の原因と改善

大事な自律神経について

頭痛の種類

 

 

 


働く女性を応援!

美容・メンテナンス・頭痛・慢性症状・スポーツ障害

北20条整骨院

場所:札幌市北区北20条西4丁目1-22

地下鉄南北線「北18条駅」徒歩約6分

地下鉄南北線「北24条駅」徒歩約8分

駐車場あります。

土曜、日曜診療中

TEL:011-756-3733

一覧を見る→→