• line予約はこちら
  • tel:011-756-3733
楕円形

Blog

ブログ

MENU

Close

色々ある腰痛の種類

腰痛には様々な種類があり、病院に行って原因が特定できる腰痛は全体の15%ほどしかありません。

残りの85%は原因を特定しづらい腰痛です。

正確に言うと、レントゲンなどで異常がない腰痛になります。

 

・腰痛の種類

 

手術が必要な原因が特定できる腰痛(15%)

 

①腰椎椎間性ヘルニア

 腰部の骨(椎骨)と骨の間にあるクッションの役割をしている、椎間板が変性し

 組織の一部が外に飛び出した状態です。その際に、飛び出した一部が神経を圧迫し

 痛みや痺れを起こします。

詳しくはこちら↓

椎間板ヘルニアについて

 

②腰椎圧迫骨折

 外部から加えられた圧力(転倒など)によって、腰椎の椎体がつぶれてしまう事です。

 腰の激しい痛みや、悪化するとヘルニアとにた症状が出ます。

 高齢者や女性に多いです。

③脊柱管狭窄症

 背骨の神経が通る場所を脊柱管と言います。その脊柱管が狭くなる事で、

 腰や足の痛み、痺れなどの症状が出ます。

 加齢や仕事などによる負担で背骨が変形していきます。

 50代から増え始め、60~70代に多くみられます。

詳しくはこちら↓

脊柱管狭窄症について

⑤坐骨神経痛

 腰から足にかけて伸びている坐骨神経が様々な原因により、

 圧迫、刺激されて痛みや痺れを起こす症状です。

 お尻や、太もも裏、すね、などに痺れや痛みがあります。

 椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症なども坐骨神経痛を引き起こします。

 他にも、梨状筋症候群などもあり、お尻の奥にある梨状筋と言われる筋肉に

 坐骨神経が圧迫されて起こる症状です。

詳しくはこちら↓

梨状筋症候群について

 

 

原因を特定しづらい腰痛(85%)

 

①筋・筋膜性腰痛

 筋肉の使い過ぎによる腰痛。

 使いすぎた場所に炎症が起きた状態の筋肉痛の一種です。

 肉体労働やデスクワーク、スポーツなどで多くみられます。

詳しくはこちら↓

筋・筋膜性腰痛について

 

②椎間板性腰痛

 背骨の椎骨と椎骨の間にある、椎間板が前にかがむなどした際に

 圧迫されて痛みが起こります。

 背筋不足、猫背、デスクワークの方に多いです。

 

③椎間関節性腰痛

 腰を反った時に、椎間関節どうしがぶつかる事で痛みが起こります。

 腹筋不足、反り腰の方に多くみられます。

詳しくはこちら↓

椎間関節性腰痛

 

④仙腸関節性腰痛

 お尻付近にある仙骨(骨盤)の歪みや炎症が原因です。

 産後の女性に多くなります。

 また、尻餅をつくなど転倒した際にも多いです。

詳しくはこちら↓

仙腸関節性腰痛について

 

このように腰痛には様々な種類があり、それによって改善方法も違います。

当院では様々な種類の腰痛に対応しており、その方に合った施術を行っております。

病院に行っても原因が特定できなかった腰痛でお悩みの方は、ぜひ当院へお越しください。

 

その他の記事

自宅で腰痛ケアをしよう!

慢性的な腰痛について

急性腰痛について(ぎっくり腰)

頭痛の種類

大事な自律神経について

 


働く女性を応援!

美容・メンテナンス・頭痛・慢性症状・スポーツ障害

北20条整骨院

場所:札幌市北区北20条西4丁目1-22

地下鉄南北線「北18条駅」徒歩約6分

地下鉄南北線「北24条駅」徒歩約8分

駐車場あります。

土曜、日曜診療中

TEL:011-756-3733

 

 

 

一覧を見る→→