• line予約はこちら
  • tel:011-756-3733
楕円形

Blog

ブログ

MENU

Close

慢性的な腰痛について

デスクワークや勉強、力仕事などにより慢性的な腰痛を持っている方は多いです。

今回は腰痛が起こる原因と改善方法についてお話ししたいと思います。

 

慢性的な腰痛って?

 

3か月から半年以上、腰痛がある状態の事です。

腰痛の85%は原因が不明のものです。レントゲンなどでも異常が見られないものになります。

慢性腰痛のほとんどは原因不明となります。原因がわかるものに、腰椎のヘルニアなどがあります。

しかし、レントゲンには映らない、筋肉の緊張や腰椎の可動不良なども考えられます。

 

原因

①筋肉の緊張や、腰椎の可動不良(身体的影響)

 長時間のデスクワークや繰り返しの力仕事により、腰部の筋肉が緊張し固まってしまいます。

 それにより、痛みが起こります。

 運動不足などで、筋力不足になると腰椎に負担がかかる事もあります。

 繰り返しの作業などにより、筋肉に刺激が入り続けると炎症も起こします。

②ストレス(精神的影響)

 自律神経の乱れにより痛みが起こります。

 交感神経が興奮状態だと筋肉が緊張し、①のような原因にもつながります。

 また、痛みを抑制する脳のシステムが上手く働かなくなり、神経が過敏なります。

詳しくはこちら↓

 大事な自律神経について

 

改善・予防方法

 

①運動をする

 運動をすることで筋肉量をあげ、腰椎の負担を減らします。

 また、運動をすることで、血流も良くなることで筋肉に疲労をためないようにしてくれます。

 ストッレチなどもオススメです。

 デスクワークなどで長時間同じ姿勢をしてしまわないように、こまめに立ち上がったり、腰を回すなど

 筋肉の緊張を防ぎましょう。

②筋肉をほぐす

 緊張している筋肉をほぐして緊張を改善しましょう。

 自宅でセルフケアをする場合は、テニスボールなどを仰向けの状態で腰と床の間に置きましょう。

 自分の体重を使って、筋肉をほぐす事が出来ます。

 整骨院、整体などの専門的なところに行くことをオススメします。

③リラックスする

 自律神経を整えることも重要です。

 規則正しい生活、睡眠を心がけ、リラックスしましょう。

 詳しくはこちら↓

 大事な自律神経について

 

ここまでにいろいろな症状についてお話していきましたが、改善方法、予防方法などはほとんどが一緒になります。

規則正しい生活、睡眠、運動などです。自分で出来る事には限りがあります。

しかし、ほとんどの症状は日々の積み重ねによって起こります。

悪い積重ねは、症状になって現れます。

良い積み重ねは、症状を改善していきます。

とてもシンプルですが、現代では難しいものとなっています。

当院は皆様の健康をサポートするためにあります。

一人では改善する事が難しくても、それをお手伝いさせていただき、健康な生活を過ごしていただきたいのです。

お悩みの症状があれば、当院へお越しください。

 

その他の記事

色々ある腰痛の種類

意外と知らない?!肩こりについて

女性に多い冷え症について

コロナで増えている?!マスク頭痛

腰痛 椎間板ヘルニア・坐骨神経痛

緊張型頭痛について

 

 


 

働く女性を応援!

美容・メンテナンス・頭痛・慢性症状・スポーツ障害

北20条整骨院

場所:札幌市北区北20条西4丁目1-22

地下鉄南北線「北18条駅」徒歩約6分

地下鉄南北線「北24条駅」徒歩約8分

駐車場あります。

土曜、日曜診療中

TEL:011-756-3733

 

 

一覧を見る→→