• line予約はこちら
  • tel:011-756-3733
楕円形

Blog

ブログ

MENU

Close

女性に多い冷え症について

お風呂に入っても手足が冷たい、厚着をしても身体が冷える、

便秘や下痢になりやすい、冷え症は様々な不調を起こします。

まずは、冷え症の事を知り、しっかり対策しましょう。

 

・冷え症って?

血液の流れが悪くなり、毛細血管に温かい血液が流れず

血管が収縮し、手足などが冷える状態の事です。

気温とは関係ないので、夏でも冷え症は起こります。

 

・原因

①運動不足

 血液の循環が悪くなり、筋肉量が少ないと熱を作り出すことが出来ず

 身体を温められず冷え症になりやすくなります。

 特に女性は筋肉量が少なく、筋肉がつきにくいので

 女性に多い症状になります。

②子宮や卵巣

 子宮や卵巣は血流の妨げとなる臓器です。

 また、月経時には血液が減るため、末端まで温かい血液が届きづらいです。

③衣類の締め付け

 血流を悪くします。

④食生活

 冷たい飲み物、甘いものなどは身体を冷やします。

 ダイエットなどでミネラル・ビタミンが不足すると

 身体を冷やし、血液ドロドロになり、血液の循環を悪化させます。

⑤ストレス

 ストレスにより自律神経のバランスが崩れると、

 体温調節機能が低下します。

詳しくはこちら↓

 大事な自律神経について

⑥喫煙

 血管を収縮させ、血液の流れを悪くします。

⑦便秘

 基礎代謝を低下させます。

 

・対処・改善方法

①お風呂に入る

 シャワーではなく、しっかりお風呂につかりましょう。

 身体を温めることで、血流改善になります。

 ぬるめのお湯につかると、副交感神経が働き血管が拡張し、血行が良くなります。

②運動をする

 新陳代謝を促進し、筋肉量が上がる事で熱を作り出すことができ、血流も改善します。

③食べ物

 身体を温める食べ物

 ・生姜・ネギ・にんにく・ごぼう・ごま・あずき

 ・かぼちゃ・にんじん・まぐろ・さば・味噌 など

  バランスのいい食事を心がけましょう。

④冷えている場所をほぐす

 筋肉の緊張を改善することで、血流が良くなります。

⑤腹式呼吸

 副交感神経が働き、血管が拡張し血流が良くなります。

 自律神経の改善もしてくれます。

 

冷え症を改善するには、日々の継続が大切です。

あきらめずに、生活習慣を見直しましょう。

当院では、冷え症に対して、手技やお灸など、様々な方法を行っております。

お困りの方は、一度当院へお越しください。

 

その他の記事

むくみの原因と解消法

テレワークで急増?!首、肩のコリ

腸活って知ってますか?

頭痛の種類

コロナで増えている?!マスク頭痛

美容鍼について

 


 

働く女性を応援!

美容・メンテナンス・頭痛・慢性症状・スポーツ障害

北20条整骨院

場所:札幌市北区北20条西4丁目1-22

地下鉄南北線「北18条駅」徒歩約6分

地下鉄南北線「北24条駅」徒歩約8分

駐車場あります。

土曜、日曜診療中

TEL:011-756-3733

 

一覧を見る→→