• line予約はこちら
  • tel:011-756-3733
楕円形

Blog

ブログ

MENU

Close

睡眠障害の種類

健康的な生活には欠かせない睡眠。

日本人は平均睡眠時間が少ないそうです。

しかし、疲労をとるには、時間よりも質が大事だと言われています。

今回はその睡眠の障害の種類について解説します。

睡眠障害には不眠などのほかにも、たくさんの種類があるんですよ。

 

睡眠障害の種類

 

 ①不眠症

  寝つきが悪い、眠りを維持できない、眠りが浅いなど

  そのような症状が続くと、日中の眠気や、注意力散漫、疲労感など

  体調不良が起こります。

  日本人の5人に1人が不眠に悩んでいると言われています。

  不眠のタイプは4種類です

  ・入眠困難:なかなか眠りにつけない(30~60分以上)

  ・中途覚醒:夜中に何度も目が覚める。

  ・早朝覚醒:通常の起きる時間の2時間以上前に目が覚め、その後眠れない

  ・熟眠障害:眠りが浅く、熟睡した感じが得られない。

  このようなタイプが同時に現れることがあります。

 

 ②過眠症

  夜眠っているのに、日中に強い眠気が生じる。

  過眠症のタイプ

  ・ナルコレプシー:日中の耐え難い強い眠気と居眠りを繰り返す。

           居眠りは30分以内で、寝た後は

           一時的にスッキリする。

           現実と区別がつかないような夢をみる。

  ・突発性過眠症:眠気と居眠りを繰り返す。

          居眠りは1時間以上。

          寝た後でも眠気が続く。

          夜間睡眠も10時間以上と長い場合がある。

  ・反復性過眠症:強い眠気がある期間が3日~3週間続き、

          その後、自然に回復する。

          不定期に眠気がある期間を繰り返す。

 

 ③概日リズム睡眠障害

  体内時計のリズムが合わず、望む時間帯に睡眠がとれない障害。

 概日リズム睡眠障害のタイプ

 

  ・交代勤務睡眠障害:勤務時間の変化により体内時計のリズムが狂う。

            夜間不眠、日中の眠気、作業効率の低下など

  ・睡眠相後退症候群:体内時計が遅れ、睡眠が遅い時間帯になる。

            明け方近くまで眠れない、眠ると昼過ぎまで起きない

            無理をして起きると、眠気、倦怠感などがある。

  ・睡眠相前進症候群:体内時計が進み、睡眠が早い時間帯になる。

            夕方から眠くなり、早朝に起きる。

            高齢者に多い。

 

  ・非24時間睡眠覚醒症候群:寝る時間、起きる時間が1~2時間ずれていく。

               体内時計がリセットされない。

  ・不規則型睡眠覚醒パターン:睡眠と覚醒が昼夜問わず不規則に起こる。

                脳梗塞患者など体内時計のリセット機能が弱くなった状態。

 

 ④睡眠呼吸障害

  睡眠中の異常な呼吸を示す病態。

  代表的なもので睡眠時無呼吸症候群などがある。

 睡眠時無呼吸症候群:睡眠時の窒息感、あえぎ呼吸、大きないびき、夜間の頻尿

           起きている時の倦怠感、頭痛などがあります。

           上気道が閉塞する事により起こります。

           肥満、舌が大きい、あごが小さいなどの原因があります。

 ⑤その他の睡眠障害

  ・むずむず脚症候群

   眠ろうとすると、足にむずむず感、不快感、虫が這う感覚などの

   異常な感覚が起こる。

   安静時に起こる事が多く、体を動かすと少し改善します。

  ・周期性四肢運動障害

   夜間睡眠中に、手足がぴくつき何度も目が覚めてしまう。

   自分の意思とは関係なく、繰り返し起こります。

  ・睡眠時随伴症

   夢遊病、夜驚症、悪夢、などです。

   子どもに多くみられます。

このように睡眠障害にはざまざまな種類があります。

その症状により改善法も様々です。

当院では不眠症の方も来られます。

症状に合わせて、手技、お灸、鍼などを行います。

 

その他の記事

お灸の効果について

大事な自律神経について

寝すぎで頭痛?!

夜中に足がつる?!その理由とは?

女性に多い冷え症について

 


働く女性を応援!

美容・メンテナンス・頭痛・慢性症状・スポーツ障害

北20条整骨院

場所:札幌市北区北20条西4丁目1-22

地下鉄南北線「北18条駅」徒歩約6分

地下鉄南北線「北24条駅」徒歩約8分

駐車場あります。

土曜、日曜診療中

TEL:011-756-3733

 

 

 

一覧を見る→→