• line予約はこちら
  • tel:011-756-3733
楕円形

Blog

ブログ

MENU

Close

疼痛、痛みについて

・疼痛って?

 疼痛とは痛みのことです。

 疼痛といっても様々で、切り傷や打撲、短期的な痛み、

 長期的な痛み、刺すような痛み、重だるい痛み。

 痛みが起こる部分も様々です。

 

・役割

 

 痛みは体の危険信号です。

 体に異常や異変が生じたことに気付かせる役割があり、

 危険を察知し、回避したり、体を守る生命活動に欠かせない役割があります。

 しかし、痛みの原因がわからないものや、長期的に痛みが続く場合は、それ自体が大きなストレスになります。

 この場合は痛みそのものが病気であり、治療が必要です。

 

・痛みの種類

 

①侵害受容性疼痛

 怪我、火傷などの痛みです。

 怪我をすると、その部分に炎症が起こり、痛みを起こす物質が末梢神経にある侵害受容器を刺激して痛みを感じます。

 切り傷、火傷、打撲、変形性関節症、五十肩などがあります。

 ほとんどの場合は、急性の痛みですが、痛みが長期化し慢性の痛みになることもあります。

 

②神経障害性疼痛

 神経の障害によって起こる痛みです。

 帯状疱疹後の痛み、坐骨神経痛、頸椎症に伴う神経障害疼痛などです。

 傷、炎症がない疼痛には神経が原因になっている場合もあります。

 

③混合性疼痛

 ①と②の要素を併せ持った痛みです。

 腰痛症などが代表的な疾患です。

 原因などがはっきりしない症状などです。

 

・慢性化

 急性の痛みなどのほとんどは3か月以内に収まるといわれています。

 3か月以上長く続くと慢性の痛みになります。

 慢性に痛みは、血行を悪化させ、それがまた痛みを起こすという悪循環を引き起こします。

 また、痛みがストレスになり不眠、不安なども起こり症状が重たくなります。

 慢性の痛みは放置せずに、対処が必要になります。

 

 

当院でも慢性の痛みにお悩みの方が沢山来られます。

原因は様々で、まずはしっかり検査し原因を特定し、

一人一人に合った施術を行います。

お悩みの方は是非、当院にお越しください。

 

ぎっくり腰って?

スポーツ外傷の種類

呼吸と自律神経

色々ある腰痛の種類

頭痛の種類

 


 

 

働く女性を応援!

美容・メンテナンス・頭痛・慢性症状・スポーツ障害

北20条整骨院

場所:札幌市北区北20条西4丁目1-22

地下鉄南北線「北18条駅」徒歩約6分

地下鉄南北線「北24条駅」徒歩約8分

駐車場あります。

土曜、日曜診療中

TEL:011-756-3733

 

 

 

 

 

一覧を見る→→