• line予約はこちら
  • tel:011-756-3733
楕円形

Blog

ブログ

MENU

Close

腱鞘炎について

近年ではパソコン作業やスマホ操作などで、

指の使い過ぎによる腱鞘炎の方が増えています。

今回は腱鞘炎について解説していきたいと思います。

 

・腱鞘炎って?

 

 まず腱鞘とは、骨と筋肉をつなぐ腱を包みこんで

 腱を滑らかに動くようにしてくれる滑車のような働きをする組織です。

 この腱鞘と腱がこすれることで炎症を起こした状態を腱鞘炎と言います。

 

・主な腱鞘炎の種類

 

 ①ドケルバン病

  狭窄性炎症炎とも言われ、親指の曲げ伸ばしにより起こる腱鞘炎です。

  手首の親指側に痛みが起こります。

  スマホの長時間の操作などにより起こりやすいです。

  俗にテキストサム損傷とも呼ばれています。

 

 ②ばね指(弾発指)

  指の曲げ伸ばしをするための腱と、

  腱の浮き上がりを抑えるトンネル状の靭帯性腱鞘の間で炎症が起こる発症します。

  ばねのような引っ掛かりを生じる特徴があります。

  手のひら側の指の付け根に痛みが起こります。

 

 

・対策

 

 ①安静にする

  なるべく痛みが起こる動きは避けましょう。

  炎症が悪化し痛みが強くなり、治りも遅くなります。

 

 ②冷やす

  使いすぎて痛みがある場合は冷やしましょう。

  ただ、冷やしすぎはかえっ痛みを強くすることもあるので、

  使ってしまった後や、熱感がある場合にしましょう。

 

 

 ③筋肉をほぐす

  腱鞘炎の方は、指などの使い過ぎで前腕の筋肉も緊張しています。

  筋肉の緊張により、腱が伸ばされ症状も悪化するので

  筋肉の緊張を緩和するためにほぐしましょう。

 

 

当院では腱鞘炎の方に、炎症を引かせるために電気

筋肉をほぐす手技などを行います。

お困りの方はぜひ当院へお越しください。

 

その他の記事

突然の肩の痛み!五十肩について

夜中に足がつる?!その理由とは?

スポーツ外傷の種類

色々ある腰痛の種類

頭痛の種類

腸脛靭帯炎について

 


働く女性を応援!

美容・メンテナンス・頭痛・慢性症状・スポーツ障害

北20条整骨院

場所:札幌市北区北20条西4丁目1-22

地下鉄南北線「北18条駅」徒歩約6分

地下鉄南北線「北24条駅」徒歩約8分

駐車場あります。

土曜、日曜診療中

TEL:011-756-3733

 

一覧を見る→→