• line予約はこちら
  • tel:011-756-3733
楕円形

Blog

ブログ

MENU

Close

野球肩について

・野球肩って?

 

 野球など、腕を大きく振る動作の繰り返しで起こる肩の痛み。

 関節包や肩関節の付着する腱、筋肉、骨の損傷です。

 

・野球肩の種類

 

 ①インピンジメント症候群

 

  野球肩の原因で最も多い原因です。

  肩を使うたびに、肩峰や靭帯に上腕骨頭が当たる事により、

  腱板がはさまれ、炎症が起こります。

  テニスやバドミントンなどのラケット競技でも発症します。

  特徴としては、肩をあげて70~120°あたりで痛みや引っ掛かりを感じ、

  それ以上肩を拳上できなくなります。

 

 

 ②腱板損傷

 

  腱板(棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋)が損傷した状態です。

  投球動作のほかにも肩からの転倒などが原因になります。

  特徴として腕が上がらない、夜間痛、腕を下すときでも痛む、

  痛みがある肩を下にして眠れないなどがあります。

  詳しくはこちら↓

  腱板断裂(腱板損傷)について

 

 

 ③リトルリーグショルダー

 

  上腕骨骨端線離開と言われ、投球時や投球後に肩の痛みがあります。

  子どもの骨の端には骨を形成する細胞が密集しており、

  成長線と成長軟骨があります。

  骨に比べ強度が弱いので、投球などの負荷で損傷してしまい、

  成長軟骨の離開が起こり痛みが現れます。

 

 ④ルーズショルダー

 

  動揺性肩関節症と言われ、一般的な範囲以上に肩関節が動いてしまう症状です。

  肩関節の靭帯、関節包が先天的に緩い状態です。

  このような状態の方が、投球動作を繰り返すと、

  周囲の組織を損傷してしまい痛みが起こります。

  特徴としては、肩の不安定感や・脱力感、

  フォロースルーの際に肩が抜けるような感覚がある事があります。

 

 ⑤肩甲上神経損傷

 

  棘下筋を支配している肩甲上神経が、投球動作の繰り返しにより

  引っ張られたり、圧迫されたりして損傷を起こしたものです。

  特徴としては、肩の後ろ外側に痛みが放散します。

  肩甲骨の山が目立つようになり、肩全体の疲労感があります。

 

 

野球などの肩の痛みは、様々な原因があります。

それによって施術方法も変わってきます。

野球などの肩の痛みがある方は、是非当院へお越しください。

 

その他の記事

ジャンパー膝(膝蓋腱炎)について

腸脛靭帯炎について

腱鞘炎について

スポーツ外傷の種類

色々ある腰痛の種類

 


 

働く女性を応援!

美容・メンテナンス・頭痛・慢性症状・スポーツ障害

北20条整骨院

場所:札幌市北区北20条西4丁目1-22

地下鉄南北線「北18条駅」徒歩約6分

地下鉄南北線「北24条駅」徒歩約8分

駐車場あります。

土曜、日曜診療中

TEL:011-756-3733

一覧を見る→→