• line予約はこちら
  • tel:011-756-3733
楕円形

Blog

ブログ

MENU

Close

軟便・下痢について

便の水分量が増えることで、軟便、下痢となります。

原因について解説したいと思います。

下痢便

 

 水分量が90%を超えた、液状またはそれに近い状態の便。

 

軟便

 

 水分量が80~90%の軟らかい便。

 ちなみに通常の便は70~80%の水分量です。

 

メカニズム

 

 腸の蠕動運動という動きにより、腸の内容物を肛門に運びます。

 腸を通過する際に、水分を体内に吸収し適切な水分量の便にします。

 この時の蠕動運動や水分調節機能の異常により、軟便・下痢便になります。

 蠕動運動が活発になると、通過が急速になるために水分吸収が不十分になります。

 水分調節機能が異常になると、水分吸収が上手くいかなくなります。

 

症状別の原因

 ①分泌性下痢

 

  食あたりや細菌感染、アレルギー、薬の影響で腸粘膜に異常をきたし

  腸内の分泌物が過剰となります。

 ②浸透圧系下痢

 

  浸透圧を上げる成分を多く取ると、水分吸収が上手く行われません。

  ソルビトール、キシリトール、下剤、サプリメントなど

 

 ③運動亢進性下痢

 

  自律神経が乱れ、腸の動きが過剰に亢進すると

  便の通貨が早くなります。腹痛も伴うことが多いです。

  ストレスや、暴飲暴食、冷えなど

  自律神経について↓

大事な自律神経について

 

下痢を伴う疾患(一部)

 ①過敏性腸症候群

 

  精神的ストレスなどで3カ月以上、月に3日以上

  腹痛、不快感、下痢型、便秘型などがあります。

 ②潰瘍性大腸炎

 

  大腸の粘膜に慢性的な炎症がおき、潰瘍が多発します。

  長時間の腹痛、下痢が続き、粘液、血液の混ざった便が出ることもあります。

 

 ③大腸ポリープ

 

  いぼ状の突き出た腫瘍が大腸にできます。

  放置すると、大腸がんに進行する可能性もあります。

  下痢、便秘、血便などの症状が見られます。

 

下痢に効果的なツボ

 ①大腸愈

 

  左右の骨盤の上端を結んだ高さにある腰椎を挟んだ両側にあります。

  下痢、腰痛、便秘、坐骨神経痛に効果的です。

 ②天枢

 

  へそから左右3~4㎝外側

  下痢、便秘、お腹の症状全般

 

 ③大巨

 

  天枢から3~4㎝下

  下痢、便秘、お腹の症状全般

 

 

 

当院でも慢性的な下痢、便秘でお悩みの方が来られます。

症状に合わせて、手技、鍼、お灸等を行います。

お悩みの方は当院へお越しください。

 

その他の記事

女性に嬉しいツボ

だるさは身体の危険サイン

腸活って知ってますか?

便秘の原因と改善

セロトニンを増加させて、ストレスに勝とう!

 

 


働く女性を応援!

美容・メンテナンス・頭痛・慢性症状・スポーツ障害

北20条整骨院

場所:札幌市北区北20条西4丁目1-22

地下鉄南北線「北18条駅」徒歩約6分

地下鉄南北線「北24条駅」徒歩約8分

駐車場あります。

土曜、日曜診療中

TEL:011-756-3733

 

 

一覧を見る→→